バックサポーター【装着方法】


フィットベルトを平行にとめると、ウエスト部分がくびれているため、ベルトの上が和が緩んでいるように感じますが、後でサイドバンドで調整するので、無理にフィットバンドをクロスさせて、とめないよう気をつけます。
フィットバンドをクロスさせると、ベルトの位置ずれの原因ともなり、十分な効果が発揮できなくなります。
なお、身長が175cm以上の方は、おへその下あたりにフィットバンドをとめます。

次に、外側のサイドバンドをしっかりとわしづかみにして、平行に引き、フィットバンドの重なった部分にかからないように装着します。
サイドバンドは、腰の固定と動作確保のため、強い伸縮性能をもっています。引っ張るときは、収縮の反動による手首のヒネリを避けるために、しっかり"わしづかみ"にするように注意します。
締め具合は、通常、良い状態を感じる、動きやすい程度にします。
特に腰に負担のかかる業務や腰に不安を感じているときなどは、サイドバンドをフィットバンドの重なった部分にまで引いて締め直し、強めに保護します。
特徴 Q & A
腰痛は現代病? 腰の構造と腰痛
腰痛と腰ベルト 業務上疾病と腰痛
腰痛対策事情USA ケーススタディ
取扱商品 TOP